ブレインジムとは

ブレインジムは、学習障害の子ども達の学習支援のためにはじまった教育プログラムです。
キネシオロジーや経絡などの東洋医学、乳児の発達の動きなどを取り入れた簡単な動きで全脳学習の促進を目的としています。現在では世界80ヵ国で教育、福祉、スポーツ、ビジネス、メンタルヘルスやリハビリテーションなどの医療現場などで活用されています。

ブレインジムでできること

私たちは子どものころから『一生懸命にやること』や『頑張る!』が大切だと学んできましたが、こうした「~しなければ」「~こうあるべき!」という姿勢がストレスをためてしまう原因になることを知っていますか?
ちょっと苦しいかも、つらいなぁ…という心のサインも、「頑張らなくてはならぬ…」という思い込みから、思考(理性)と行動だけを先行させ、感情をなおざりにすることが少なくありません。

自分の気持ちを無視したり無理をすることが積み重なると、自分の感情に鈍感になったり、結果が残せることがあっても不満やストレスはどんどん積み重なっていき、やがてそのストレスは破たんします。

『ブレインジム』では、自然な自分のペースで取り組む「体」と「心」と「思考」を整えていきます。整った「からだ」では、「見る」「聞く」などの機能が楽に行えたり安定した気持ちになることから、無理に「一生懸命頑張る」から「自分の最善を尽くす」という意識に変化へとしていきます。
また、活性化している脳機能になることで、自分の持っているパータンに気づきやすくなります。

2019年に実施した講座でいただいたご感想

振り返れば予想以上にパワフルエクササイズとバランス調整に
感動しっぱなしの四日間でした。
帰宅して、補助教材の最初のプリントたちや
最初にやったアクションバランスのワークシートを眺めながら
この四日間の繋がり・流れの素晴らしさに改めて感動しました。
今後の生活に、エクササイズを楽しく取り入れていきたいと思います。

またまた帰宅して娘とのコミュニケーションで
・歩きのチェック →エクササイズ →・歩きのチェック
の順でやってみたら、「足裏が全然違う〜(笑)」と飛び上がってました。
体調の変化と改善を一緒に楽しめて、一石二鳥です。
さらに娘を整えつつ自分も整えるので一石何鳥にもなりそうです。

自分の生活の質、仕事の内容・幅にも取り入れていけるよう、
ホームプレイを楽しく習慣にしたいなぁと思います。
土橋さんの笑顔とファシリテーションで本当に素敵な講座となり
一員として参加できて本当によかったです。   (50代女性)

タイトルとURLをコピーしました