プロフィール

土橋秀子  略歴
NPO法人えじそんくらぶ理事。
子育てに困り感をもつ親の会、えじそんくらぶ埼玉『にじいろのタネ』を主催。
12年間、NPO法人えじそんくらぶに勤務したのち、自分を大切にする力を育む「みつば塾」を2018年を立ち上げ、現在は、子育てや家族関係に悩む方向けのストレスマネジメントや、ブレインジム、支援者や小学校教員向けにブレインジムの研修や公式クラスの提供を提供している。

発達課題をもつパートナーとの関わりと我が子3名の子育ての悩みや苦しみは、コミュニケーションの「コツ」や「スキル」を活用すると激減することを、えじそんくらぶの「ストレスマネジメント講座」の受講する度に体験したことから、コーチングやNLPを学び、子どもや家族との有益な関わり方を研究・実践してきた。

また、発達障害をもつ高校生たちへの就労支援トレーニングを10年担当する中で、その子に適した条件を整えると、それぞれの能力が発揮できることを知ったことから、「心」「身体」「脳」を整える教育プログラム「ブレインジム」を学び、インストラクターとなった。
現在は、子ども向けのクラスも開催している。

資格等

国際教育キネシオロジー財団公認ブレインジムインストラクター
日本LD学会 正会員
元埼玉県ネットアドバイザー

委員・協力者としての活動

入間市中央公民館審議委員(2005年~2009年)
入間市児童福祉審議委員(2009~2011年)

2004年~2011年 入間子育てわくわくマップ作成。「いるま子育て情報発信隊」初代代表。
2006年~2012年 市内女子大にて『いこいの広場(野外型子育て広場)』を運営(2006~2008年代表)

2006年~2018年 NPO法人えじそんくらぶ勤務
2014年~    NPO法人えじそんくらぶ理事に就任
2010年~2018年 支援先の高校にて発達課題をもつ生徒に向けた就労トレーニングの授業を担当
2014年~2018年 埼玉県主催の親向けの支援講座を担当
2018年~    自分を大切にする力を育む「みつば塾」を開業

タイトルとURLをコピーしました